冬座敷(ふゆざしき)三冬

【解説】
寒さを防ぐため襖や障子を閉め切った座敷である。火鉢などで暖をとっても、なんとなく寒々しい印象をぬぐえないのは、日本の家屋が夏向きに造られているせいである。

*

何なりと薄鍋かけん冬座敷
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。