練炭(れんたん)三冬

【子季語】
豆炭、練炭火鉢
【解説】
粉石炭などを円筒形に固め、十個ほどの孔を開けたもの。最近まで、家庭であつかいやすい便利な燃料として重宝された。暖房や長時間の煮物などに燃料として使われる。

コメントは受け付けていません。