都鳥(みやこどり)三冬

【子季語】
百合鴎
【解説】
チドリ目カモメ科ユリカモメの雅称。冬になると北方から渡ってくる渡り鳥。「伊勢物語」以来、古くから和歌や俳句に読み継が れてきた。 

*

こと問はん阿蘭陀広き都鳥
西鶴 「三鉄輪」

塩にしてもいざことづてん都鳥
芭蕉 「江戸十歌仙」

嵯峨寒しいざ先くだれ都鳥
蕪村 「蕪村句集」

頭上過ぐ嘴脚紅き都鳥 
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。