狐火(きつねび)三冬

【子季語】
狐の提灯
【解説】
冬の暗夜、山野に見える怪しい火。鬼火、燐火などの類である。狐が口から吐いているという俗説に基づく。

*

狐火や髑髏に雨のたまる夜に
蕪村「蕪村句集」

狐火の燃えつくばかり枯尾花 
蕪村「蕪村句集」

狐火や風雨の芒はしりゐる 
杉田久女「杉田久女句集」

狐火の減る火ばかりとなりにけり
松本たかし 「松本たかし句集」

狐火のほとほというて灯るかも
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。