滑子(なめこ)三冬


【子季語】
なめたけ、ふゆたけ
【解説】
担子菌類の食用きのこ。冬、ぶななどの朽木に発生する。色は黄褐色。湿ると著しく粘る。味噌汁の具にしたり、茹でておろし和えなどにする。
【科学的見解】
滑子(ナメコ)は、冷温帯落葉広葉樹の倒木や切り株を分解して生活するモエギタケ科の腐生菌類である。昔から食用として活用されており、優秀な食用菌類であるため、近年では人工栽培が行われている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。