居待月(いまちづき、ゐまちづき)仲秋

【子季語】
座待月、居待の月、居待、十八夜の月
【解説】
陰暦八月十八日の夜の月である。立待月より少し遅れるため、居待月と言う。居待は「座して」待つの意味である。

*

居待月起きて守らん枕挽
智月尼 「藤の実」

コメントは受け付けていません。