夏の夜(なつのよ)三夏

natunoyoru
【子季語】
夏の夜半
【解説】
日中の暑さがピークを越して、やや過ごし易くなるはずの夜であるが、最近は熱帯夜に悩まされることも多い。しかし夏の夜は遅くまで人通りがあり、寝るのが何となく惜しく夜更かしをしたりする。

*

夏の夜は明くれどあかぬまぶた哉
守武 「俳諧初学抄」

夏の夜や崩れて明けし冷し物
芭蕉 「続猿蓑」

夏の夜は山鳥の首明けにけり
言水 「蓮実」

夏の夜や雲より雲に月はしる
蘭更 「三傑集」

夏の夜やいく原越ゆる水戸肴
一茶 「七番日記」

夏の夜や灯影忍べる廂裏
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。