梶の葉(かじのは、かぢのは)初秋

【子季語】
梶の七葉、梶葉の歌、梶葉売
【解説】
七夕の夜、七枚の梶の葉に歌を書いて織女星にたむける風習。七枚の葉に歌を書くのは七夕の七にちなむ。歌には天の川を渡る舟が読まれることが多く、楫(かじ)がよく歌われるため、梶の葉を使うと思われる。梶の木はクワ科の落葉高木で、葉は卵形で文字が書きやすい。木の皮は和紙の原料ともなる。

*

梶の葉を朗詠集の栞かな
蕪村 「蕪村句集」

梶の葉の歌をしやぶりて這ふ子かな
一茶 「七番日記」

しほらしや梶を売る子のつなぎ銭
嘯山 「葎亭句集」

梶の葉に配り余るや女文字
几董 「井華集」

梶の葉の願ひはかなき女かな
長谷川零余子 「雑草」

梶の葉に古人のごとく歌書かん
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。