秋寒(あきさむ)晩秋

【子季語】
秋寒し、秋小寒
【解説】
秋の半ばを過ぎるころの寒さのこと。特に朝夕に感じることが多 い。少し寒いという感じで本格的な寒さではない。

*

日のにほひいただく秋の寒さかな
惟然 「菊の香」

秋寒し藤太が鏑ひびく時
蕪村 「蕪村句集」

秋寒し編笠着たる人の形
芭蕉 「梅郊句集」

秋寒や行く先々は人の家
一茶 「亭和句帖」

秋寒し此頃あるる海の色
夏目漱石 「漱石全集」

コメントは受け付けていません。