春待つ(はるまつ)晩冬

【子季語】
待春、春を待つ
【解説】
長く厳しい冬が一段落して、寒い中にも時折春の訪れを感じる頃、新しい季節を待つ気持ちが強まる。早く春よ来い、来て欲しいと願う気持ちである。

*

見ぬかたの花咲く春を待つ身かな
大魯 「安永二春慶引」

口あけて春を待つらん犬はりこ
一茶 「文化句帖」

小説を草して独り春を待つ
正岡子規 「季語別子規俳句集」

地の底に在るもろもろや春を待つ
松本たかし 「たかし句集」

春を待つ商人犬を愛しけり
前田普羅 「普羅句集」

コメントは受け付けていません。