草紅葉(くさもみじ、くさもみぢ)晩秋

【子季語】
草の錦、草の色、色づく草、草の紅葉
【解説】
晩秋に山野の草々が色づいて紅葉のように見えること。古くは草の錦と呼んだ。「草木の紅葉を錦にたとへていふなり」と「栞草」に載っている。

*

酒さびて螽やく野の草紅葉
其角 「東日記」

魚汁のとばしる草も紅葉かな
一茶 「文化句帖」

佇ち尽す御幸のあとは草紅葉
杉田久女 「杉田久女句集」

一雨に濡れたる草の紅葉かな
日野草城 「花氷」

眠るもののはらやはらかき草紅葉
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。