茸狩(たけがり)晩秋

【子季語】
茸とり、菌狩、松茸狩、茸籠、茸筵、茸山
【解説】
秋、山林に入って自生する茸を探して採る行楽の一つ。代表的な ものは松茸狩である。

*

茸狩りやあぶなきことにゆふしぐれ 
芭蕉 「真蹟画賛」

茸狩りや鼻のさきなる歌がるた
其角 「炭俵」

茸狩りや頭挙ぐれば峰の月
蕪村 「蕪村句集」

茸狩りのから手でもどる騒ぎかな
一茶 「おらが春」

茸狩りや鳥啼いて女淋しがる
正岡子規 「獺祭句帖抄」

茸狩や心細くも山のおく
正岡子規 「季語別子規俳句集」

コメントは受け付けていません。