木苺(きいちご)初夏

【解説】
バラ科の落葉小低木で広く山野に自生する。晩春に白い花をつけ、初夏、黄金色や暗紅色の粒状の実をたわわにつける。
【科学的見解】
日本の木苺には複数種存在し、身近な野山で見られる木苺の仲間としては、モミジイチゴ、クサイチゴ、ナワシロイチゴ、カジイチゴなどである。いずれも食用となり、生食やジャムとして楽しむことができる。外国から導入された木苺としては、ラズベリーやブラックベリーが有名である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。