李(すもも)仲夏

【子季語】
李子、米桃、牡丹杏
【解説】
中国原産で、古く日本に渡来し栽培されているバラ科の果実。桃 に似ているが、実は小さくすっぱいので酸桃という。六月頃に、黄色、または赤紫色に熟す
【科学的見解】
中国から渡来したニホンスモモは、明治初期にアメリカを経て世界に広がり品種改良が行われた。ニホンスモモを含む品種としては、サンタローザが知られている。また、近縁の種としては、プルーンと呼ばれるヨーロッパスモモが存在し、日本でも生産量が増えている。(藤吉正明記)

毒を盛る親はなみだのすもゝ哉
野坡 「野坡吟艸」

葉隠れの赤い李をなく小犬
一茶 「嘉永版句集」

熟れきつて裂け落つ李紫に
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。