棕櫚の花(しゅろのはな)初夏

【子季語】
花棕櫚
【解説】
ヤシ科の常緑高木。特に日本産のワジュロをいう。雌雄異株。五月頃葉の間から太い軸が出て、淡黄色の粟粒のような小さな花を多数つけ、穂状に垂れる。南国的な印象を受ける花。黄色の細かい花が散り敷く様も風情がある。 

*

梢より放つ後光やしゆろの花
蕪村 「新花摘」

庭を掃く拾得淋し椶櫚の花
素丸 「素丸発句集」

手拭も動く小風やしゆろの花
呂風 「東西夜話」

コメントは受け付けていません。