冬の空(ふゆのそら)三冬

【子季語】
寒天、寒空、冬天、凍空、幽天、冬空、冬青空
【解説】
本州を縦断する山脈の影響で、太平洋側は冷たい青空の日が多い のに対し、日本海側は厚い雪雲に覆われる日が多い。

*

さむ空にいとどおもふや曽我の里
鬼貫 「犬居士」

寒空やただ暁の峰の松
暁台 「連句稿」

法師達の衣のいろや冬の空
越人 「柱暦」

冬空の水より深き朝かな
青木月斗 「同人」

冬の天海の上にて真蒼なり
大谷碧雲居 「碧雲居句集」

こぼれでる重油に青し冬の空
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。