初紅葉(はつもみじ、はつもみぢ)仲秋

【解説】
いち早く紅葉し山野に秋の訪れを告げるもの。櫨や七竈,ぬるでの類。紅葉の本格派である楓は、これよりずっと遅れて紅葉する。

*

山ふさぐこなたおもてや初紅葉
其角 「篇突」

秋もはや岩にしぐれて初紅葉
許六 「しるしの竿」

いづちよりいづち使ぞ初もみぢ 
召波 「春泥発句集」

さし出たる枝にもあらず初紅葉
梅室 「梅室家集」

 

コメントは受け付けていません。