栗飯(くりめし)晩秋

【子季語】
栗おこわ
【解説】
鬼皮、渋皮をむいた栗を米とあわせ、塩、酒を加えて炊いたごはんのこと。むいた栗を焼いてから炊く場合もある。もち米を使っ て、おこわに炊くこともある。 

*

栗めしや根来法師の五器折敷
蕪村 「落日庵句集」

栗飯や目黒の茶屋の発句会
正岡子規 「子規全集」

栗飯や水上泊りの二三日
松瀬青々 「倦鳥」

栗飯や人の吉凶入りみだれ
日野草城 「旦暮」

推敲の力やしなへ栗の飯
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。