兜虫(かぶとむし)三夏

【子季語】
皀莢虫、鬼虫、源氏虫
【解説】
栗色をした大形の甲虫。雄は頭に大きな角をもち力が強い。背に甲と羽があって夜になると飛び回る。檪、楢、さいかちなどの樹液を吸って生活する。

*

かぶと虫も来てとまれかし鎧草
才麿 「糸屑」

甲虫非凡の力手に応ふ
相島虚吼 「虚吼句集」

兜虫み空へ兜ささげ飛ぶ
川端茅舎 (ホトトギス)

畳這ふ爪の力や兜虫
青木月斗 (同人)

コメントは受け付けていません。