初鏡(はつかがみ)新年

【子季語】
初化粧、化粧初
【解説】
新年になって初めて鏡に向かって化粧すること。またはその鏡そのもの。

*

梅や紅人のけはひの初鏡
鬼貫「梅能牛」

初鏡髪梳けばとて脈荒るゝ
石橋秀野 「桜濃く」

かをりたち今年嫁あり初鏡
森澄雄 「天日」

コメントは受け付けていません。