石炭(せきたん)三冬

【子季語】
たん、いしずみ、岩木、五平太
【解説】
地中に埋れた植物が地圧・地熱のために炭化したもの。他の燃料より安価で熱量もあるが、火付きが悪く煤煙や亜硫酸ガスが出るので、家庭ではストーブや風呂に用いる程度である。

*

石炭を運びこぼしぬ海深し
長谷川零余子 「ホトトギス」

貧児の眼石炭の炉に到るかな
島田青峰 「青峰集」

旗を振る後尾車掌や石炭車
楠目橙黄子 「続ホトトギス」

コメントは受け付けていません。