寝正月(ねしょうがつ、ねしやうぐわつ)新年

【解説】
正月、あくせく動くこともなく、家に籠ったきりのんびり過ごすことをいう。

*

霞む日も寝正月かよ山の家
一茶 「文化句帖」

けもの鍋ことこと煮えて寝正月
石橋秀野 「桜濃く」

虚子庵に不参申して寝正月
松本たかし 「松本たかし句集」

ほどほどの国こそよけれ寝正月
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。