すが漏り(すがもり)晩冬

【解説】
寒地では屋根に積った雪や軒下に吹きつけられた雪が氷結する。これが室内の暖房で暖められたり、太陽の熱で融けたりして隙間 から流れこみ、天井、壁、押入れなどに漏れ出す。これをすが漏りという。

コメントは受け付けていません。