刈田(かりた)晩秋


【子季語】
刈田原、刈田道、刈田面
【解説】
稲を刈り取ったあとの田。畦では稲が干され、籾殻の袋が詰まれていたりする。収穫を終えたあとののんびりした田園風景でもある。

*

去るほどにうちひらきたる刈田かな
鬼貫 「大悟物狂」

道暮れて右も左も刈田かな
日野草城 「花氷」

伊吹まで歩いてゆかん刈田かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。