秋の海(あきのうみ) 三秋

【解説】
秋になって色が深く波がやや高くなった海。

*

秋海や湿気の深き窓の下
北枝 「西の雲」

夕暮れはいつもあれとも秋の海
涼莵 「千鳥掛」

コメントは受け付けていません。