枯柳(かれやなぎ)三冬

kareyanagi【子季語】
枯れたつ柳、冬の柳、冬柳、柳枯る
【解説】
葉の落ち尽くした冬の柳。春三月の芽吹く頃の柳を「芽柳」、四月に飛ぶ綿のような種子を「柳絮」といい、秋十月に葉が黄ばみ散る頃の柳を「柳散る」といい、ほぼ四季を通じて季題になっている。

*

川越して赤き足ゆく枯柳
鬼貫 「鬼貫句選」

よの木にもまきれぬ冬の柳哉
越人 「阿羅野」

何ひとつ障るものなし冬柳
涼莵 「簗普請」

コメントは受け付けていません。