梅擬(うめもどき)晩秋

【子季語】
梅嫌、落霜紅、白梅擬
【解説】
モチノキ科の落葉低木で、北海道を除く日本各地の山地に自生する。とくに、谷筋や湿地に多い。庭木としても鑑賞し、初夏に薄紫の小さな花が咲く。実ははじめ青いが晩秋には深紅となる。

*

残る葉も残らず散れや梅もとき
凡兆 「曠野」

十人の殿等強し梅もとき
桃隣 「陸奥鵆」

折りくるる心こぼさじ梅もどき
蕪村 「忘れ花」

コメントは受け付けていません。