三椏の花(みつまたのはな)仲春

【子季語】
結香の花(むすびき)
【解説】
ジンチョウゲ科の落葉低木。中国原産。三叉に分かれた枝の先に 黄色い花が咲く。皮は紙の原料になる。
【科学的見解】
三椏(ミツマタ)は、江戸時代初期頃に中国より渡来したとされている。現在では、観賞用や繊維用として栽培されてきたものが本州以南の各地で逸出して野生化している。ミツマタの園芸品種も作出され、庭木として植栽されている。(藤吉正明記)

三椏や皆首垂れて花盛り
前田普羅 「普羅句集」

三椏のはなやぎ咲けるうららかな
芝不器男 「芝不器男句集」

コメントは受け付けていません。