蛇穴に入る(へびあなにいる)仲秋

【子季語】
秋の蛇、穴惑い、蜥蜴穴に入る、蟻穴に入る
【解説】
蛇は冬眠のために穴に入る。秋の彼岸に穴に入り、春の彼岸に穴を出るといわれているが、地域により差がある。一つの穴に数匹から数十匹集まり冬を越す。穴惑いとは、彼岸を過ぎても穴に入らない蛇のこと。

*

それぞれにかたづき顔や蛇の穴
浪化 「浪化上人句集」

穴撰みしてやのろのろ野らの蛇
一茶 「八番日記」

蛇穴に入るや彼岸の鐘が鳴る
正岡子規 「子規句集」

蛇穴に入りけり菌生えにけり
正岡子規 「子規句集」

蛇穴や西日さしこむ二三寸
村上鬼城 「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。