涅槃西風(ねはんにし)仲春

【子季語】
涅槃吹、涅槃嵐
【解説】
涅槃会「陰暦二月十五日」はお釈迦様の入滅の日にあたり、この頃に吹く風の事をいう。美しい響きからも西方浄土が想象される季語である。時期的には春の彼岸前後にあたり、一般的に浄土からの迎え風などとも言われる。

コメントは受け付けていません。