鴉の子(からすのこ)三夏

【子季語】
烏の子、子鴉、親鴉
【解説】
鴉は夏に子を育てる。お寺の杉の木や神社の森など人家の近くにも巣をつくり、卵は普通二、三個程度。子育て中は親鳥も気が立っているのか、巣の下を通ると人を威嚇したりする。

*

口あけて屋根迄来るや烏の子
正岡子規 「寒山落木」

風切羽切られて育つ烏の子
村上鬼城 「定本鬼城句集」

くちばしのあきつぱなしや烏の子
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。