冬の日(ふゆのひ)三冬

【子季語】
愛日、暮れやすき日
【解説】
冬の太陽や日射。もしくは冬の一日のことをいう。太陽をさす場合は冬日という言い方もある。太平洋側では異常乾燥注意報など出され、日本海側では大雪による被害がもたらされることもある。

*

冬の日や馬上に氷る影法師
芭蕉 「笈の小文」

冬の日のさし入る松の匂ひかな
曉台 「曉台句集」

冬の日の入りて明るし城の松
正岡子規 「季語別子規俳句集」

ガラス越に冬の日あたる病間かな
正岡子規 「子規俳句集」

六畳の奥迄冬の日ざしかな
正岡子規 「子規俳句集」

山寺や冬の日残る海の上
夏目漱石 「漱石全集」

椅子に在り冬日は燃えて近づき来
松本たかし 「石魂」

中空で黄昏てゐる冬日かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。