おでん 三冬


【子季語】
関東炊、関東煮、おでん屋、煮込みおでん、おでん鍋、おでん酒
【解説】
もともとは田楽の略である。関東炊きといわれるように、関東が本場である。醤油 砂糖 だしで、大根、玉子、はんぺん、ちくわなどを煮込んだ食べ物である。

*

おでん食ふよ轟くガード頭の上
篠原鳳作 「現代俳句」

百代の過客の一人おでん酒
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。