ががんぼ 三夏

gaganbo
【子季語】
蚊蜻蛉、かがんぼ、蚊の姥
【解説】
漢字で大蚊と書くだけはあり、形は蚊によく似ている。ただし血は吸わず、蚊よりもはるかに大きい。長い脚を持ち、ゆらりゆら りと飛ぶ。

*

ががんぼのかなしかなしと夜の障子
本田あふひ 「ホトトギス雑詠選集」

ががんぼに熱の手をのべ埒もなし
石橋秀野 「櫻濃く」

コメントは受け付けていません。