夏炉(なつろ)三夏

【子季語】
夏の炉、夏火鉢
【解説】
単に炉では冬の季語。夏であっても北国や標高の高い地域などで は炉を焚くことがあり、冬とは異なる趣がある。

*

ふるさとへ来てうつしみの夏炉擁
す臼田亜浪 「定本亜浪句集」

木曽人は雨寒しとて夏炉焚く
松本たかし 「鷹」

旅衣濡れしをあぶる夏炉あり
松本たかし 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。