古暦(ふるごよみ)暮

【子季語】
暦果つ、暦の果、暦の終、暦の末
【解説】
正確には年が終り古くなった暦の事をいうが、一般的には、年内に新しい暦と取替え、数日を残した暦をさす。今年もあと幾日で終るのだと実感させられる。

*

古暦ほしき人には参らせん
嵐雪 「其袋」

引裂て鰯包むや古暦
几董 「几董発句全集」

酔て寝た日のかずかずや古暦
几董 「あけ鳥」

古暦吹かるるや三輪の町はづれ
蕪村 「夜半叟句集」

板壁や親の世からの古暦
一茶 「九番日記」

幾程は煤けもせぬや古ごよみ
一茶 「文政句集」

何となく奈良なつかしや古暦
正岡子規 「子規俳句集」

コメントは受け付けていません。