嵯峨の柱炬(さがのはしらたいまつ)仲春

【子季語】
嵯峨御松明、柱松明、お松明
【解説】
三月十五日、涅盤会行事の一つとして、京都嵯峨清凉寺で行われる火祭。夜八時頃から、高さ七メートル余の大松明三基が燃やされ、火柱となって夜空を焦がす。釈迦を荼毘に伏した様を表わすと伝える。三本の松明の火勢で農作物の豊凶を占う。

*

松明や鶴の林の夕煙
方山「発句題叢」

松明もいかに嵐の山近し
野明「類題発句集」

コメントは受け付けていません。