嵯峨大念仏(さがだいねんぶつ)晩春

【子季語】
嵯峨念仏、嵯峨大念仏狂言
【解説】
京都嵯峨清凉寺(嵯峨釈迦堂)で四月上旬の土、日曜に上演される狂言。鎌倉時代に円覚上人が広めた融通念仏が始まりという無言劇。カンデンデンと独特の鉦や太鼓の音と共に、土蜘蛛、釈迦如来、とろろ等が演じられる。国の重要無形民俗文化財に指定。
八分咲く花の盛や大念仏
大谷句仏「我は我」

コメントは受け付けていません。