御身拭(おみぬぐい、おみぬぐひ)晩春

【解説】
四月十九日、京都嵯峨清涼寺(釈迦堂)の大法要。本尊の開扉、引声念仏を唱え、香湯にひたした白布で本尊の釈迦如来を拭い清める。拭った白布には霊験があり、経帷子にすると極楽往生ができるという。安喜門院の母が浄土に往生した縁起にちなむ法要。

*

御僧のその手嗅(かぎ)たや御身拭
太祇「太祇句選」

埃たつうき世の嵯峨や御身拭
蝶夢「草根発句集」

乗物で優婆夷も来るや御身拭
召波「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。