誓文払(せいもんばらい、せいもんばらひ)初冬

【子季語】
誓文祓
【解説】
京都では陰暦十月二十日、商家・花柳界の人が四条京極の官者殿に参詣する習慣があった。商売上心ない駆引きをし、利をむさぼった罪を払うためで、その罪ほろぼしに一斉に安売りをした。誓文払の売出しとして定着、呉服店・デパートの特売につながる。

コメントは受け付けていません。