御火焚(おほたき)初冬

【子季語】
御火焼、おひたき、おしたけ、新玉津嶋の御火焚
【解説】
十一月中、京都伏見稲荷大社はじめ多くの社寺が行う新穀感謝の祭事。神前に五穀・果物・餅・酒等を供え、庭に割木を組み竹を立てて火を起す。火が燃え盛れば、竹に神酒を注ぐ。その後、供物を参詣人や氏子に分けて、共に五穀豊穣を祝う。

*

お火焼や塵にまじはる箒の神
才麿「江戸弁慶」

御火焼や風雅と呼ばる友ほしゝ
桃隣「古太白堂句集」

御火焚や霜うつくしき京の町
蕪村「蕪村句集」

御火焚や鎌倉山は星月夜
鳳朗「鳳朗発句集」

御火焚や蜜柑ころがる潦
中川四明「四明句集」

コメントは受け付けていません。