都をどり(みやこをどり)晩春

【解説】
明治五年、京都勧業博覧会の余興として創始。四月の一か月間祇園花見小路甲部歌舞練場で催される。井上流京舞の伝統を伝え、「都をどりはよういやさ」の掛け声で始まる京の春本番を告げる絢爛たる催し。鴨川をどり、北野をどりと並ぶ京の春の踊。

*

春の夜や都踊はよういやさ
日野草城「花氷」

コメントは受け付けていません。