春の鹿(はるのしか)三春

harunosika【解説】
雄は角が落ち、雌は出産してその後は毛が抜け落ちる。雄も雌もなんとなくみすぼらしい感じになる。

*

思ひわすれ思ひ出す日ぞ春の鹿
千代尼「寄合句帖」

うらうらと草はむ春の野鹿かな
白雄「白雄句集」

野の空をうけてありくや春の鹿
乙二「をのゝえ草稿」

春鹿の眉ある如く人を見し
原石鼎「花影」

春の野を持上(もた)げて伯耆大山を
森澄雄 「鯉素」

コメントは受け付けていません。