毛布(もうふ)三冬

【子季語】
ケット、電気毛布
【解説】
寝具などに用いる厚地の毛織物。ひざ掛けにしたり、掛け布団の下に入れたりして寒さを防ぐ。

*

いと古りし毛布なれども手離さず
松本たかし「松本たかし句集」

古毛布膝を包めば背寒し
島田五空「裘」

十年の苦学毛の無き毛布かな
正岡子規「俳句稿」

馬の上に膝を寒かる毛布かな
佐藤紅緑「春夏秋冬」

コメントは受け付けていません。