籠枕(かごまくら)三夏

kagomakura【子季語】
籐枕
【解説】
籐や竹を編んで作った枕。中を風が通うため涼しく、昼寝などに利用される。

*

月影の洩れて涼しや籠枕
利会「類題発句集」

するすると涙走りぬ籠枕
松本たかし「石魂」

雨やむを待ちて仮寝の籠枕
鈴木花蓑「鈴木花蓑句集」

老杜甫は髪すり切れし籠枕
長谷川櫂「果実」

コメントは受け付けていません。