鳥兜(とりかぶと)仲秋

【子季語】
鳥頭、兜菊、兜花、山兜、草鳥頭、附子
【解説】
キンポウゲ科の多年草。丈は一メートルほどになる。秋、紫色の花を下向きにつける。根は猛毒であるが、漢方薬にもなる。

*

紫の花の乱れやとりかぶと
惟然「薦獅子集」

今生は病む生なりき鳥兜
石田波郷 「酒中花以後」

コメントは受け付けていません。