初茸(はつたけ)三秋

【解説】
茸のなかでも一番早く生えるのでこの名がついた。傘は扁平で全体が薄茶色。傷みやすく、傷になった部分は青く変色する。
【科学的見解】
初茸(ハツタケ)は、ベニタケ科の菌類で、クロマツやアカマツなどの林内に発生する。マツ類の根と共生する共生菌類である。近縁種としては、アカハツ、ルリハツタケ、アカモミタケが存在し、いずれも食用となる。(藤吉正明記)

初茸やまだ日数経ぬ秋の露
芭蕉「小文庫」

コメントは受け付けていません。