門松立つ(かどまつたつ)暮

【子季語】
門松の営、宵飾、松飾る
【解説】
新年を迎えるために門松を立てること。暮の二十七、八日頃から立てるのが普通だが、都会では十二月にはいってすぐ立てるところもある。

*

門松の立ち初めしより夜の雨
一茶「文化句帖」

コメントは受け付けていません。