梟(ふくろう、ふくろふ)三冬

【子季語】
ふくろ、母食鳥、しまふくろう、しろふくろう
【解説】
フクロウ科の猛禽。夜間活動し、野鼠や昆虫などを捕食する。ミミズクとは同じ仲間で、頭部に突き出た耳のようなものがあるものをミミズクといい、ないものをフクロウと呼んでいる。

*

梟よ松なき市の夕あらし
其角「五元集」

梟の来ぬ夜も長し猿の声
北枝「小弓俳諧集」

梟や笹の葉光る隣りの火
蝶夢「草根発句集」

梟のむくむく氷る支度かな
一茶「七番日記」

梟をなぶるや寺の昼狐
正岡子規「新俳句」

梟の眼に冬の日午なり
正岡子規「子規句集」

梟淋し人の如くに瞑る時
原石鼎「花影」

梟や干葉で足蒸す夜頃なり
富田木歩「定本木歩句集」

梟やたけき皇后の夜半の御所
竹下しづの女「同人句集」

梟が来ては古戸に目をつける
広江八重桜「筑摩文学全集」

ふくろふに真紅の手毬つかれをり
加藤楸邨「怒濤」

コメントは受け付けていません。