枯茨(かれいばら)三冬

【子季語】
茨枯る
【解説】
冬になって葉が落ち棘だけが目立つ茨のこと。

*

鬼茨踏んばたがつて枯れにけり
一茶「七番日記」

むら篠と枯れもつれたる茨かな
高田蝶衣「青垣山」

枯茨に投げし筵や雪少し
山本梅史「梅史句集」

大空に日はうすうすと枯茨
長谷川櫂「天球」

コメントは受け付けていません。